日本人の食卓には欠かせることができない必需品

日本人の食卓には欠かすことが出来ない「だし汁」。
その種類も豊富ですので、好みや料理に合わせて取っているという方も多いのではないでしょうか。

その中でも、最も使い勝手が良く利用しやすいものが「かつおだし・昆布だし」かと思います。
だし汁を取る時にはこの2つを使用しているという方もまた多いでしょう。

また「にぼし・あご」などといった小魚類をベースとたものもあります。
風味などは少し独特なものになりますが栄養価は抜群。
だしをとった後の魚をそのままお味噌汁などに入れるというのも良いですね。

次に「しいたけ」です。
だしを取る場合、生しいたけではなく乾燥しいたけを使います。
火などを使わなくても簡単にだしをとることができますので非常に便利です。
ただ、こちらにおいても独特の風味がありますので好みの差が激しいかと思います。
かつおだしなどに少量をプラスすると風味豊かになります。

それぞれに魅力がありますが、現代ではそれらが手間だと感じる人も。
そのような場合、粉末だしや液体だしなどを利用するのも良いでしょう。
やはり、自分で取るよりも味は少し落ちるかと思いますが、その香りはしっかりと残ります。
また、味噌汁などを作る場合ですと味噌そのものにだしが入っているなどと言うタイプもあります。
こうしたお手軽に利用できるものも種類は豊富ですので、お好みのものやお料理ごとに使い分けていくとよいでしょう。

さて、だしを取る際のそれぞれの材料ですが「高級なものの方が美味しく仕上がるのだろうか」と考えている方もいらっしゃるでしょう。
高級なものですと、えぐみが少なかったり香りがより良いものである可能性も高いようです。
しかしそれに限りません。
スーパーなどに売られているものでも十分に美味しく取ることは出来ますし、日常的なお食事に取り入れるのでしたら問題はないでしょう。
特別なものをつくりたい・よりだしにこだわってみたいなどという方は高級材料で試してみるのも良いかと思います。

また、取った保存に関してですが、1日前後であれば冷蔵保存も大丈夫かと思いますが風味はやはり若干落ちてしまうようです。
出来れば、その時使う分だけのだしをとっていくというのがオススメです。
離乳食などに使いたい・一人分だけのだしを取りたいので保存をしたいという場合は、製氷皿にだしをいれ凍らせて保存をするという方もいらっしゃるようです。
腐らせてしまう・どうしても余らせてしまうという方はこのような方法もまた良いでしょう。