日本人のラーメン好きは止まらない

ラーメン店での「だし」というと、どのようなものを思い浮かべるでしょうか。

先ず、家系ラーメンの人気などから火がついたものが「とんこつ」です。
九州地方などもこのとんこつが有名ですよね。
特に白濁タイプのものが人気となっているようです。
とんこつと言っても様々な種類のものがあり、アッサリと召し上がっていただきやすい塩味・こってりとしていてスープを堪能できるしょうゆ味。更には寒い時期などに良い味噌味などもあります。

次に鶏がら。
アッサリとしていて透き通ったスープが魅力のだしとなっています。
お酒を飲んだ後などのラーメンとして人気があるようです。
シンプルな「とりそば」と呼ばれるラーメンなどにも用いられています。
喉越しが良いので、ラーメンスープまでしっかりと飲み干したいという方にも人気のものとなっています。

そして煮干ベース。
一時期ブームとなった煮干ベースのラーメン。
香りがしっかりとしていて、アッサリと召し上がっていただくことが出来ます。
中華そばと呼ばれているラーメンとも相性が良く、日本人に馴染みやすい味であるともまた言われているのです。

また煮物などのイメージが強い昆布・かつお節などもラーメンだしとして使われることもあります。
口当たりが柔らかく、うまみもしっかりと感じていただくことができるでしょう。
日本的なラーメンという雰囲気も楽しめるのが特徴ともいえます。
多くの具材とも相性が良いので満足感も得ることが可能です。

こうしただしですが、店舗の多くが「タレ」をプラスすることでコクを演出している場合が多いようです。
ですから、ベースのだしを選んでさらにタレの組み合わせで自分好みのラーメンを楽しんでみてください。

家庭では味わえない風味である場合が多いですし、店ごとに味の違いも大きいのでそれぞれに美味しく堪能していただけることでしょう。

日本人はラーメンが好きともいわれてますが、これだけの種類があるのですから飽きることなく食べることができますよね。